地域窓口を知っておきましょう

介護

今日は仕事が休みなので、市の地域福祉相談センターに行ってきました。去年までは定期的に通い、歩行状態の助言や生活面、就労面、心理士もいるので高次機能障害の評価をしてもらったりしていました。もちろん、無料です。医師も理学療法士もいるので装具のCHECKもしてもらえるのが助かります。大分心身共に落ち着いたので今回で終了。あとは、都度相談事があれば連絡。そんな、話の中で、障害年金と国民年金の支払いの事が話題になり、障害者手帳は1級ですが障害年金の等級は3級。なので、何も補助や救済はありません。ソーシャルワーカーが「その状態で、3級ですか?」働けないし、自力で移動できないのに、ちょっと軽いですよね。といって確認してもらったら、不服申し立てができるが、認定後3ヶ月以内。そう言えば、軽くて驚いたけど、隅っこに不服申し立ての事も記載があったが、手間はかかって変わらないかも・・とネガティブ思考でそのままにしていた・・忙しいし、書類を見るのが疲れ果てていたので・・実際、不服申し立てしてどれだけ変わるのだろうか?そして、どんな基準で誰が決めるのだろうか?そもそも、介護保険と違い、身体・生活調査など紙切れ2枚で実際に本人には会ってない・・なにより、このセンターが近くにある事を知らなかったので、ケアマネさんが調整して相談に行けたのは大変ありがたかったです!

期限過ぎてしまったので、無料の社会保険労務士の相談窓口を教えてもらいました。なんでも、そうですが、不服申し立て可能な書類があった場合は、時間を準備して動いた方が良いと思いました。そして、住んでいる近くに市や区で運営している社会福祉資源の場所や窓口は知っていた方法が新しい情報が入ってきます。パンフレットもたくさん置いています。

タイトルとURLをコピーしました