帯状疱疹ワクチンフィーバー

看護

CMでもすすめている帯状疱疹ワクチン。2種類ありますが、1つはA約8000円前後1回、もう1つはB約2万円!×2回

補助が4月から開始して市区町村もあるかと思いますが、当院の管轄区では

A;8000円⇒4000円

B;20000円⇒10000円・・が、こちらは2回うちなので合計20000円・・補助がないと40000円‼

しかし、予約はほぼB!・・なので当院のワクチン管理庫は山積です・・

帯状疱疹そのものが問題ではなくて、神経が損傷されることで、皮膚の症状が治った後も痛みが残り、3か月以上痛みが続く帯状疱疹後神経痛(PHN)ピーエイチエヌが辛いのです。
PHNは、「焼けるような」「締め付けるような」持続性の痛みや、「ズキンズキンとする」痛みが特徴です。

50歳以上で帯状疱疹を発症した人のうち、約2割がPHNになるといわれています。なので、50歳以上からが補助の対象なんですね。お高いワクチンなので、どちらにするかは考え次第ですね。

Aは持続期間約5年、Bは約10年。効力はAの方がやや劣ります。詳細例として東京都のHPご参照ください。ドン!と20000円払って10年か、5年ごとに更新か・・ご自身の年齢を考慮した方がいいですね。

帯状疱疹と帯状疱疹ワクチンについて 東京都福祉保健局 (tokyo.lg.jp)

補助の有無などはご自身の市区町村へお問合せ下さいね、ある場合は自分で連絡しないと書類が送られてきませんので。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました