障害年金の相談➀

書類

待っていても変わらないから、動こう!

➀面倒だと思っても相談窓口があるなら行ってみる!

②眼だけの情報はだけで判断するのはもったいない!

以前から、障害年金の対象等級が低いのではないかと地域包括の方やソーシャルワーカーに気にかけて頂いていた。

 

相談窓口を教えて頂いてもらっていのですが、中々動けず、ちょうど夏休み中なので昨日連絡を取ってみた。

とても丁寧な対応でびっくりした。最初の申請時とは違ったので・・・そもそも管轄が違うし、相談に乗って頂くのは社会労務士さん。

 

今日の午前に面談予約できたので、早速行ってみた。

障害者手帳申請時の診断書を記載した医師と年金請求時の記載医師が違う事、高次機能障害に関しては触れていなかった事・・

詳細に聴き取りしてくれた。

等級が出た後に、異議申し立てしたら早かったのかもしれないが、自分でどうにかできたか分からない。しかも、3ヶ月以内じゃないと無効。

 

今回、社労士さんが入ってくれるので、必要な書類は全て段取りしてくれた。

今回は無料の相談。必要書類がそろい、勝ち目がある(等級変更可能性がある!)と判断したら、実際に年金事務所とかけあう。成功したら、成功報酬としてさかのぼって支払われる年金が支払われたらその年金額の1.5倍を支払う。

かけあうと決めたら、手数料として11000円+診断書代(病院へ)

成功したら戻ってきた金額からの支払いなので、費用的には問題ないと思いました。

 

他に、私が社会保険に入っているなら扶養した方が絶対得だと勧めてくれた。

私は、夫が退職してからすぐに扶養にしなかったので、書類集めや、自分が転職した際も、面倒じゃないかと思っていたが、事業者が全部してくれるから大丈夫だとアドバイスをくれた(転職時も)

 

ネットで、年金や保健などの仕組みを調べると、丁寧に細かく記載してある。

ありがたい面、細かすぎて分からない事もある。結果、中途半端に読んで、うちはダメだと色々思ってしまった。

何においてもそうですが、個人に向けた情報ではないから全てが一致するわけでもない。

「行動」する事が大事だと痛感!誰かに相談も大事(専門家に繋げてくれるが、今日行動出来て良かった!

実際、事務所で話したのは1時間未満。要点と、こちらの質問を受けてくれて、後は忙しければ、必要書類は郵送でも可、質問はメールでも可。

もっと、早く動けは良かったな・・と思います

 

扶養の件は明日早速、お願いしてみようかと思います。!(^^)!

また報告します!(^^)!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました