障害者となり4年目の春🌸

介護

障害をもって生きること・・

前回、リハビリ施設を新しく検討していると記載しましたが、決まりません・・・( 一一)

18日に一つ見学予定にはなっていますが・・

本人が行きたいと希望した施設は、受け入れ時の状況が「自立」者とのこと

どこまでを「自立」というのだろう?

家では車椅子が中心ですが排泄や食事は自立している夫

車椅子乗車では不可とお断りされた

どこの施設もパンフレット見せていただくが、高齢者中心の案内内容

見学に行っても、夫のような年代で身体障害の方はほぼ見ない

先日、訪問医師に聞いてみた

夫のような脳疾患で利用している人はいないのかと

そしたら「いますよ。でも、要介護4-5ですね」との回答・・つまりほぼ寝たきり状態

脳幹出血で、車椅子生活ではあるが、ほぼ自立はいないようだ

視力障害や顔面麻痺もあるが、何か短時間での作業や内職でも・・と調べたがこれも厳しい

「通い」が主なのでね・・

また、「脳出血後のリハビリ・50代・・」などで検索すると

再生医療・・自費・・とばかり表示される

6回の点滴200万とか300万・・

以前もちょこっと記載しましたが、就労も出来ない障害者家庭のどこのそんなお金があるのだろう⁈

がんの民間療法と同じだな・・と思った

もちろん、やらないけどね

リハビル施設もなく、就労もできなくて・・

本人が「歩くこと」に目標を置いているが、これはかなり先が長い:;(∩´﹏`∩);:

本人の生きる楽しみを別に見つけてもらうしかないのだろうな・・

と感じる5年目の春・・

 

タイトルとURLをコピーしました