備えあれば・・

家族

家族会議で突っ込もう

全てにおいて、「自分は大丈夫」と思って過ごしている方が大半だと思ます。

最近、親御さんが認知症らしいので「薬を処方して欲しい。本人には認知症の薬と言わずに・・」と言うご相談が増えました。

確定診断なしに、処方は出来ないので、MRIや簡易検査が必要。

 

しかし、本人が自覚していないので、専門施設への誘導ができなくて困っていると。

認知症にはなりたくないが、なった際には専門施設に行きたくないし、自分は認知症じゃない!と言う・・

 

本当は、家族で話し合っておく方がいいと思います。元気な時に、認知症になったら・・がんになったら・・介護が必要になったら・・

➀かかりつけ医があればいいが、ない場合はどこの誰に相談するか

②経済面でどのように負担するか

③周囲の施設環境の下調べや、相談窓口

④家族のだれがキーパーソンとなるのか

⑤本人の意思を確認しているか

突然起こった時に、迷わないように、特に持病がある場合は遠い未来じゃないので枠組みは考えていた方が安心です。認知症はちょっちした物忘れなのか、認知なのか・・まだ進んでいない際に、決めていたことを投げかねてみるといいでしょう。進行すると決めていたことも忘れている可能性があります。「

 

難聴や糖尿病の持病がある方は認知症が発生リスクが高いです。事前に出来る、難聴対策や血糖コントロールは良好に維持した方がいいですね。

がん患者さんの、末期状態の介護はある程度先が世良くされるので、家族一丸となて支える事が苦にはならないケースがほとんどですが、認知症やうちのような機能障害介護は終わりが見えないので、決める事は決めておかないと、心の余裕がなくなります。

 

相談者はいた方がいいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました