ぽっくり希望⁈・・

看護

どう生きたいか、の次はどう死にたいか?

ご高齢の比較的お元気な方は2つのセリフをおっしゃることが多い

①いつ死んでもいいと思ってるからもう、いいんだけどねー

②朝起きてたらぽっくり逝ってた方がいいわ

①はね、病院に来られて言われるとちょっとね・・(;”∀”)もちろん本心ではなく、むしろ逆だろと医療者は受け取りますが・・友人との井戸端会議ならいいですが、病院内で言うと「せっかく治療しているのに・・」と不快な顔(言う)人もいるのでご注意を・・

②は本当にそうかなーといつも思う

終活してない場合は最悪だと思うし、していても法律関連をきちんとしておかないと残され者は大変だ・・銀行口座や保険の解約など・・

そして、墓場まで持っていきたい秘密道具・・かどうか分からないが(^^;、日記や写真など見せたくない物って、一つや二つあるんじゃないでしょうかね・・

その処理をしないまま朝ぽっくり‥なんて私は恐ろしい・・毎日終活が始まる・・「明日朝はぽっくりかも・・コレ処理して、これを伝えておかないと・・」の繰り返し・・

いつかは死ぬんですけどね( ´艸`)

突然死がいいか、余命宣告がいいか、徐々に弱る老衰か・・事故や災害・・

40歳前後で一度「死」というものを考えますな

自分の親が死んだ年齢より生きたいと話す方もいます

いつ死ぬか分からないのなら、毎日を楽しく、そして1日を大事に丁寧にした方がいい

そして、秘密のある方はある程度の年になっらた抹消です(笑)

どんな風に生きて、どんなふうに死んでいきたいかを考えるのも秋の夜長はいいかもしれません。。🍂

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました