老い‥という事

家族

がんセンターで相談支援をしていた際の最も主要な業務は、治療ができなくなった患者を退院させる際に、病院(以下緩和ケア病院)か自宅を選定させて繋ぐこと。緩和ケア病院を選んだ際、一番嫌な事が「予後の確認」先方から必ず聴かれるので主治医に確認しておく必要があるのです。緩和ケア病棟を持っている病院は少ないので常に満床状態。嫌な順番待ちです・・がん患者に限らず緩和ケアは提供しているのに、がん患者だけに特化した緩和ケア病棟という呼び名が嫌いでした。一般病棟や自宅病棟でもいいんじゃないかと。先代の方々は病気があってもなくても普通に家で生涯をおえていた。だから、子供も孫も人が亡くなるというプロセスをみているから、悲しみはあっても動揺はなかったと思う。病院で亡くなる事が多くなり、その過程を体験していない世代は、家族の死を受け入れられず、本人が望まぬ治療をギリギリまで希望する事が多いという。「老い」は必ず誰しもがやってきます。本人の意識は無いが、処置や点滴だけは継続、転院を促され転々と・・(病院もひっ迫して自宅での看取りを推奨する様になりました)経済的負担も追い打ちをかけます。また、死は敗北と考える人が多いのに驚くことがあります。病気や老いと戦わず、受け入れつつも今日を大事に生き抜く方が案外長生きしるかもしれません。家族で話し合ってますか?ちょっとづつでも「老いる」という事に向き合う事が大事です。

タイトルとURLをコピーしました