維持するのにもお金はかかる・・

看護

ちょっと・・高すぎやしませんか( ノД`)シクシク…

医療者にはスキルアップのための資格取得があると以前記載しましたが、それらには更新があります。更新期間は各資格によって3年だったり、5年だったり..

そして、更新時までに必要な「ポイント」というものがあります。更新時まで必要なポイントを集めなくてはいけません。学会参加や、学会発表、学生指導、市民講座・・内容によってポイント数が違います。

 

今年度、私は2回目の認定看護師の更新時期なのですが、規定の50ポイントは取得できていません。

更新延長申請というのがあるのですが、延長は1年。しかも・・申請に30000円!です。申請が許可されない可能性もあります。

一応、病気や諸事情で更新できない際の救済でしょうが、この様な事情の人に30000円って・・

 

私は、5年更新の間にコロナと夫の介護が3年重なり、とても無理でした。5年もあれば十分じゃないかと思われると思いますが、遠方学会には行けないし、オンラインでも調整が難しかったりする。

まあ、言い訳に聞こえますよね・・

でも、認定看護師の条件として、臨床経験5年以上から試験に臨めるので、30代前後から条件該当でしょうか。実際、私が認定過程に通っていた際も生徒は30代半ば~40代前半。取得して働きだしたら、更新時にはちょうど、結婚、出産(育児)、介護などのイベントが重なる時期です。

 

もう少し、優しい救済があってもいいのでは・・と思ったりします。

が、専門領域の質維持のためには仕方がない事も理解できます。更新をしなかった場合、名乗れませんので、元認定看護師になります😅

 

自分なりに、行ける学会やオンラインで知識の更新はしていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました