自転車フル活動🚲

書類

書類にまみれる📜

年金手続きはやはり1回では終わらない・・

私は両親が年金受給前に亡くなっているので、死亡後の処理をしたことがない

今回、叔母が88歳で他界したので、給付中止の手続をしないといけないので年金事務所に向かった

ここで、給付中止の手続だけなら終了

しかし、日割りで振込分がある際はその手続きが必要になります・・・金額は分かりませんが・・

後見人に手続きを勧められたので、手続きを開始しましたが・・

➀私の住民票

②叔母との関係性を証明する戸籍謄本

③叔母の住民票か死亡診断書のコピー

④生活支援をしていた事の証明書‥これに第三者証明が必要

⑤その他振り込み用紙と、通帳コピー・・

になります。この④第三者証明が曲者で、死亡者又は請求者の三等親以外者の記載

私は請求者・・を見落として、叔母から見たら四等親だからと子供に記載させてアウト!

しかし、この三等親以外の対象者を見つけるのって案外難しい( ̄д ̄)

結局、入所していたホーム挨拶行く予定もあったので、依頼したら快く記載してくれた

(ありがたい(´;ω;`)ウゥゥ

結局、朝9時過ぎに年金事務所に行って、不備があるので帰されて、そのままホームに行って・・

また戻って提出・・最後に年金事務の方に・・

「以上で手続き終了です。審査が通って問題なければ3ヶ月後くらいい振り込まれます」

審査って何⁉・・こんな面倒な手続きして、まだ何か疑いや不備って・・

もう「はぁ・・そうですか」と言ってヨロヨロと帰宅・・13時・・

亡くなった後にすることが多いので、大変ですが、何が大変ってこういうのですよね

叔母はホームだったので光熱費の停止や、携帯など使用していなかったので、その手続きをしなくても良かったのが救いです

必要な手続きがありそうな場合は、先に電話で問い合わせる事がお勧めです

ただし、年金に関しては振り込みを希望の際は、三等親以外の人を決めておく事が大事です

少なくとも2回いく事に・・郵送でも良いようですが・・不備があるとそこはまた面倒で時間を要す

事務所で待っている間、窓口から男性の声で「早期受給の件で‥なるべく1回で終わらせたいんですよ~」と聞こえて来た

「あー分かるー」と私も心底思った

 

 

タイトルとURLをコピーしました