やってみないと分からない事・・

介護

介護生活になるまで車椅子は病院内でしか扱ったことがなかったのですが、実際に道路を歩くと難しく、段差や傾斜が多く回り道しないといけない事が多い。院内は障害物や傾斜のない平坦な廊下ですからスイスイでしたが大違いに戸惑いました(;・∀・)

普段気にせず道を歩いていたので、「バランス」って大事なんだな・・と実感。昔より良くはなったのでしょうが、まだ道路の整備が悪いことろが多く、うちの近くは線路が2つもあるのでドキドキします。

一度、線路途中で車輪が溝にはまり、車椅子から投げ出されるように落ちた時は一瞬心臓が止まりそうになりました。周囲の方の助けがあり、警報がなる事も電車も止める事もなく無事渡り切りました。本当にありがたかったです。電動車椅子の事故が多いのもうなずけます。

見たり聞いたりして、知っている事も、実際にやって(行動して)みて得る情報は大きいと思います。パラリンピックに出ている選手はすごいな・・と思いつつも、当たり前ですがスポーツ用の車椅子じゃ生活では利用できないんだろうな・・とも思います。

障害があるという事は、移動時に必要な小道具も持ち歩かないといけないとので、荷物も多くなります。うちは杖くらいなので少ないほうかな。

普通の毎日ってありがたいんだな・・とつくづく実感🍀

タイトルとURLをコピーしました