医療者の言霊⁈

看護

全てが正しいわけではないですよ~

たまたま、久しぶりに観たマツコの・・・

かゆみについて、大学の医師が出演していらした

基本「保湿」(基礎疾患、病名にもよりますが)なのは

どの皮膚科医師も言っていた

抗がん剤の副作用で、皮膚乾燥や湿疹がでる薬剤がけっこうあるので

皮膚排泄ケア認定看護師と一緒に指導を行っていた時期がある

「サリチル酸ワセリン」と「ステロイド」の混合薬が良いと言っていて

家事をしていた手を止めて画面を見た

薬局で売ってる、混合してくれる⁈・・そんなはずない

医師の処方箋が必要・・そのあとすぐに訂正されていたが・・

この件でヤフーニュースなどで色んなコメントが来ているよう

医療者が、何かについてコメントをする際は慎重にならないと・・といつも思っている

以前見ていた情報番組で男性乳がんについてコメントをしているのが婦人科医師だった時も

「おいおい・・乳がんは乳腺外科が専門でしょ!」と突っ込みを入れたくなった

産後で乳腺炎になったのとはわけが違う

番組制作者もなぜ婦人科医に依頼?・・受けた医師も何で受ける?

婦人科医師の中には乳腺も診ているのかもしれないが、私は聞いたことがない

今の世代は分かりませんが、60-80代の方々は

「教授」「部長」という言葉がお好きなようです

医療は日進月歩とナイチンゲールも言っていたように

それについて行く思考の開放も大事です

治療には「ガイドライン」なるものがあり

それに沿って、各医師の判断とさじ加減で付け加えたり、外していく

なぜならば、治療対象者は年齢、性別、体重、職業、基礎疾患の有無など

皆、違うからだ

この番組だけではないが

「これが良い」「この方法が正しい」的に言ってしまうのは

とても危険で、無責任に感じてしまう

昨日はサプリメント被害も出てましたしね・・

注意書きは虫眼鏡じゃないと分からないくらい小さな文字でしかないですもんね

自分に合ったものを見つけるのは難しい・・

かかりつけ医があれば相談するのが一番です

雑誌やテレビなどをすぐに取り入れない方が安全

自分の口に入れる物、肌に触れる物は

自分を大事にする大切な作業の一歩

慎重にいきましょう🍀

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました