見学②

介護

自己紹介があると安心

前回は歩行強化中心の半日のみの通所リハビリ

今回は1日の通所リハビリを見学

さほど広くはないが、人数もほどほどで落ち着いた環境でした

今までとの大きな違いは、理学療法士さんのご年齢

回復期の病院、訪問リハ、通所リハと関わってきましたが

全て夫より年下の30代前後の方々ばかり

この施設では夫より上の60代の方

年齢の良し悪しではなく

以前は病院勤務で夫のような状況の患者を沢山診て、指導してきた

退職後に、ここでの指導を声かけられて来ていると

自己紹介があった事

「障害者は介護保険の中に入ってしまうので、希望のリハが受けられない」

と話すと

「回復病院で半年終了。その後中途半端で帰される事に歯がゆさが常々あるが、法制度の中でどうにもでいない状況なんです」

と正直に話してくれた

そして、細かな事を質問する夫に

障害が完全に治るとは言えないし、うまく付き合っていくものだとやんわりではあるが、リハの目的をはっきり言ってくれたことは安心感が得られた

適当に流さないで、夫の話を聴いてもらえたのも良かった

最後に「医者ではありませんので、答えられる範囲はリハビリに関してですが、それでよければぜひいらして下さい」と

自分の立場、出来る事、出来ない事などをしっかり伝えてくれると本人も納得

実際、通ってみないと分からないが、行動しないと始まらない

ので、来週契約📃

 

タイトルとURLをコピーしました