医師であれば誰でも・・

介護

主治医探しが最初って・・どうよ・・

①介護保険の申請は、地域包括支援センターや役所に自分か通院しているい病院と担当医師の名前を伝える(所定用紙に記載する)だけでいい

②普段、定期受診などなくてかかりつけ医がいない場合は地域包括などで指定の病院を案内してくれる

③かかりつけ医は内科でなくても大丈夫(複数の病院にかかりつけている際は、利用頻度が多い病院を選ぶ)

介護保険の申請をしたいので地域包括へ問い合わせたら、かかりつけの先生にご相談をと案内されたので、手順を教えてほしいとの相談。

80歳の女性で、当院には健康診断や予防接種で来院する程度で、基本的に毎日元気に過ごされている。

介護保険の申請をしようと思った動機を聴くと、特に今は困っていないが、整形外科に通院していて、そろそろ申請した方がいいから内科の先生に相談しな・・とアドバイスを受けたらしい。

別に整形外科で意見書作成でも良いのですよ・・と教えてあげた。

内科じゃなきゃダメかと思った!と。

整形の先生もこちらで記載すると言ってあげればよかったのに・・とちょっとイラっとしたnurseマロンがいました( 一一)

医療の専門分野が昔と違って細かくなりました。専門性が高くなりいい面もありますが、逆に、あちこち病院ショッピングしないといけなくなるのも大変だな・・と感じます。

以前にも投稿しましたが、産科だから風邪は内科に行って・・みたいな

ご高齢の方は、このような機器の利用ができない方が多いので、情報を得る手段が限られるので、アナログ式の手書き情報誌などがいいのかな・・と思いました

しかし、申請時に必要な情報が主治医(かかりつけ医)探しからというのもどうかしら・・?

タイトルとURLをコピーしました