便秘の神様

看護

恥ずかしがらず出すのは大事・・

うちのクリニックは消化器症状がメインなので、「便秘」のご相談が多いのです。

結構、頑固な便秘の方が老若男女問わずいらっしゃる。

そこで、出番が「グリセリン浣腸」肛門付近まで便が下降しているのに、最後の踏ん張りで出ない。

浣腸+敵便

毎回、浣腸するのはよろしくありませんが、いったんお腹の中の便を出してあげないと苦しい。

①食欲低下

②腹部張り感

③胃の圧迫感

など、他の症状が出てきます。入れたら出す・・循環は大切です

浣腸で出ない際、少し肛門付近を刺激して敵便する・・とどどどど・・・・と出てきます

すっきり感で患者さんの顔が見る見る明るくなり

「ありがとうございます!あなたは神だわ!」と言われることもしばしば(*‘∀‘)それだけ、便がお腹にあると苦痛なんですね

便秘の原因は

・向精神薬の内服

・腹筋の低下

・思ったより水分摂取が取れていない

・定時の排便時間が確保できない

・運動不足

などがあげられます。薬剤は習慣性もありますので、いくつかの薬剤を組み合わせる方がベター

自分がどんな生活環境で、便秘の原因が分かりそうであればまずはそこから整える。何か他の症状で食事が数日取れてない際は、便の量も少ないですよ。

ちなみに、食材で便秘改善をかかげる食品が増えました。どれが合うかは自分で試してみないと分からない。数週間、食べて(飲んで)改善が見られない場合は切り替えましょう。皆が一緒ではないので。

 

出した後は、今後の排便コントロール方針になります。

 

今日も「神!」と褒められました

タイトルとURLをコピーしました