綺麗な風景だけじゃなく・・

看護

スマホがあーるじゃあーりませんかー(古い・・・💦)

休日は、予定がないと近くの川までウオーキング🏃‍♀️に行きます。道沿いに見えるは森永製菓さん👼

実家の近くには、明治製菓さんの工場があって、子供の頃は眺めては「あそこのカールがいっぱいあるんだ✨・・」とたたずんでいました。おやつのカールが大好きだったもので・・姉はポテチ派。

わたくし、食べるの大好きです💛

食べる事は生きる事・・と言うメッセージがよく使われますが、「出すことも生きる事」だと思っています。両方大事ですね。

楽しく食べて、爽快に出す!が一番です。

 

しかし、便秘に悩む人は多く、若い方は食事の偏りや過激なダイエット、不規則な生活で排便習慣も安定しない・・などでしょうか。

 

高齢の方は、運動量・筋肉量が減った事、思った以上に水分が摂れていない・・など。

年齢によるものではないのですが、出ないと食欲も落ちるし、集中力にもかけます。

排泄の相談は皆さん、羞恥心があってなかなか言いずらそうですよね。

 

おなら→ガスと言い換える

便の性状は?→下痢・・下痢と言っても、柔らかいのとか(軟便)、水みないなのか・・

便の性状スケールを使うと視覚的に伝えやすいです。

しかし、今はスマホがあるので、異常かも・・と思ったら、スマホで撮っておくといいと思います。便に限らず、湿疹や、内出血、顔の浮腫みなども時間がたてば消えてしまうものを撮っていくと、大事な情報となり診断が早くつくかもしれません。

 

ワクチンを打った後や、初めて使用する薬剤を飲み始めてから身体に出現した視覚的に分かるものは、スマホが活躍します。

尿の異常も同じです。いつもより濃いと感じたり、赤く見えるとか。

便も白いと、肝胆膵の異常かもしれません。

綺麗な風景や人物の写真も素敵ですが、自分の身体の異常サインをすぐに判断できるツールとしてスマホを活躍させてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました